実運用成績=ソフト発売後の成績

 

da1

 

これから掲載する成績表は2017年に販売開始されたシストレソフト“デイズリッチ2017”の2018年度の月別成績です(ラージ1枚運用時)ソフト発売後の成績ですので、実運用成績になります。

 

2018年

1月 +80万円

2月 ▲54万円

3月 +44万円

4月 ▲75万円

5月 ▲49万円

6月 ▲5万円

7月 +4万円

8月 ▲16万円

9月 +18万円

10月 ▲62万円

11月 +84万円

12月

合計 ▲31万円

 

現在(11月30日)の年間成績はマイナス推移中です。10月終了時点では▲100万円を突破しており、非常に危険な状況でもありました。

 

12月の成績がどうなるかわかりませんが、これだけ不安定な成績が続くと優秀なソフトとは言いにくいところです。

 

もう1つ成績表を載せます。

 

セールスページに掲載されている成績=テスト成績

 

567

 

デイズリッチ2017のセールスページに掲載されていた成績表です(ラージ1枚運用時。現在は販売が終了して削除されています)

 

2011年~2016年まで月間成績はすべてプラスで勝率は100%。誰がどう見ても超優秀なシストレソフトだと感じることでしょう。

 

この成績表を見るとソフトが欲しくなると思います。ソフトを売りたい販売者側はそこを狙っているわけです。

 

そしてセールスページを信じて購入すると、、、、、

 

 

負け続きでマイナス100万円!(>_<)

 

 

という最悪のパターンに陥ってしまいます。ちなみにこれは私の体験談で、当時はすごく落ち込みました。

 

実はテスト成績と実運用成績に差が出るのは、シストレソフトではよくあります。それを当然の事のように考えている販売者すら存在します。

 

でもシストレ初心者にはそんなことわかりませんよね。何もわからない初心者を狙い、甘い言葉を並べてセールスするのは私は違うと思います。

 

シストレソフトを選ぶ際には、セールスページの成績表を信じると失敗します。必ず実運用成績を元にして検討するようにしてください。